日本で福祉の仕事に就こう!

今、日本は少子高齢化が進み、働き手の不足が深刻化しています。特に介護の分野では、介護を必要とする高齢者の数が増え続ける一方で、介護人材が足りず、2025年には介護職員が33万人不足するといわれています。そこで日本政府は、外国人の介護人材育成を推進するため、関係する制度の改正をしたり、留学支援を実施することで、人材不足を解消しようとしています。日本への留学・就職なら今がチャンスです。

どんな人材が求められているか

  • お年寄りや体の不自由な方のお世話をする仕事をしたい人
  • 高校卒業以上の学歴を持つ人
  • 日本語検定2級以上の人。又は、3級以上の人で介護の勉強をする意欲のある人
  • 身体が健康で思いやりのある人
  • 日本で介護の仕事を続けられる人
支援制度
介護ってどんな仕事?
日本の高齢者福祉